Raspberry Pi Zero Ver1.2 のケース


Raspberry Pi Zero v1.2 のケース(PIBOW ZERO)の紹介です。

既に新しいバージョンの Raspberry Pi Zero v1.3 が発売されており、ケースも v1.3 用のものに変わっています。

しかし、ここでは前バージョンの v1.2 用のケースを紹介します。(v1.3用はまた今度)

zero_case_001
PIBOW ZERO

続きを読む Raspberry Pi Zero Ver1.2 のケース


Raspberry Pi のマグボット 改造編 -ボウルボットからマグボットへ変身 その1-


マグボットの頭部パーツのアクアデカマグの代用品はクルールボウルで決まったようですが、これではボウルボットになっちゃいますね。

それではということで、今回はクルールボウルに把手を付けた「マグカップもどき」にして、ボウルボットをマグボットに戻してあげようという試みです。

handle_007
完成イメージ

続きを読む Raspberry Pi のマグボット 改造編 -ボウルボットからマグボットへ変身 その1-


Raspberry Pi の有線LANポート付き3ポートUSB Hub


有線LANポートも付いている3ポートUSB Hubは小型、軽量で便利です。

USBポートが1ポートしか付いていない Raspberry Pi Model A+ や Zero で複数のUSBデバイスを使いたい時、Model A+, Zero に有線LANポートを追加したい時、有線LANポートやUSBポートを増設したい時に有効です。

usbhub_001
microUSB版

続きを読む Raspberry Pi の有線LANポート付き3ポートUSB Hub


Raspberry Pi のマグボット 準備編 -電動ハンディリューター-


かなり脱線しますが、マグボット作成のための準備としてタミヤの電動ハンディドリルを組み立てましたが、今度は電動ハンディリューターも組み立ててみました。

router_001

マグボットのボディの乾物ケースにドリルで穴をあけた後、穴はヤスリで綺麗に整えるのですが、その際にリューターが使えます。

マグボット作成に電動ハンディリューターまで必要ということはないですが、タミヤの電動ハンディドリルが意外に良さそうだったので、電動ハンディリューターもついでに作ってマグボットの作成に使おうと思います。

続きを読む Raspberry Pi のマグボット 準備編 -電動ハンディリューター-


Raspberry Pi のマグボット 準備編 -電動ハンディドリル-


マグボットを作成する際、ボディの乾物ケースやプラ板などに穴をあける必要があります。穴をあけるのに電動ドリルは必須ではないのですが、あれば便利そうです。

drill_001

そこで電動ドリルを探していたらタミヤの電動ハンディドリルを見つけました。このドリルは組み立てモデルで面白そうだったので、こちらを組み立ててみました。

続きを読む Raspberry Pi のマグボット 準備編 -電動ハンディドリル-


Raspberry Pi のマグボット I/O 記事編


ちょっと前に月刊誌のI/Oにマグボットの連載記事が載っていたそうです。(I/O 2015年11月号〜I/O 2016年5月号)

magbot_io_001

第1回「仕組みと材料

第2回「ハードウェアの製作(1)

第3回「ハードウェアの製作(2)

第4回「ハードウェアの製作(3)

第5回「ソフトウェアの構築(1

第6回「ソフトウェアの構築(2

第7回「「マグボット」を動かす

続きを読む Raspberry Pi のマグボット I/O 記事編