Raspberry Pi 3 で Windows 10 -その1-


以前から Windows 10 IoT は Raspberry Pi 2 をサポートしていましたが、IoT 版ではない Windows 10 が  Raspberry Pi 3 にインストールできるようになったと聞いたので、試してみました。

Windows 10

はじめに:

Raspberry Pi は Arm なので、もちろん Arm64 版 Windows 10 です。

Arm64 版 Windows 10 では、Arm64 のアプリケーションはもちろん x86 のアプリケーションも動作します。(x86 はエミュレーション) ただし、x64 のアプリケーションは動作しません。

 

対応しているのは Raspberry Pi 3 model B または B+ です。(Raspberry Pi 4 や 3 model A は不明)

今回試しにインストールした Raspberry Pi は Pi 3 model B です。

ストレージは 16GB だと厳しい ということだったので 32GB の microSDHC にしました。また、アプリケーションパフォーマンスクラス 1 (A1) に対応したものという指定だったので、SanDisk の A1 の microSDHC にしました。

 

Windows on Raspberry imager:

今回インストール方法は詳しく説明しませんが、Windows 10 が動いている PC(x64) で Windows on Raspberry imager を使ってブート SD カードを作成します。(次回以降で紹介します。)

https://www.worproject.ml/

 

スナップショット:

いくつかスナップショットを撮ってみました。

 

システム

ARMv8 1.20GHz 4プロセッサ、メモリ約1GBであることが確認できます。

デバイスマネージャー

ここでも4プロセッサであることが確認できます。ドライバ未対応のため、不明なデバイスもいくつかあります。Bluetooth、無線LAN は非サポートのようです。

 

タスクマネージャー

特に負荷をかけているわけでもないですが、CPU、メモリ、ディスクの使用率が高くなっています。

DirectX

DirectX 12 ですが、GPU はサポートされていないので、ソフトウェア実装になります。

Direct3D はもちろん DirectDraw すら使用できません。

 

システムの要約

 

環境変数:

環境変数は以下のような値が設定されていました。

 

SDカードの性能:

今回使用したA1対応のmicroSDHCの性能を CrystalDisk で測定してみました。

測定の度に結果は変わるので、参考程度のものですが、こんな感じでした。

 

比較用に A1 対応ではない samsung microSD 32GB EVO Plus でも測定してみました。

A1 対応でないと Windows 10 インストール時にエラーが発生することがあるらしいので、一からインストールしたのではなく、Win32 Disk Imager を使ってインストール済みのSDカードを丸ごと複製したものを使いました。

こちらも測定の度に結果が変わるのですが、若干遅いぐらいでした。比較に Class 10 UHS-I 対応品を使ったから、期待した程の差が出なかったということかもしれません。

 

WinSAT:

WinSAT で性能を測定してみました。

性能が低すぎて事実上、測定不可でした。

 

Windows 10 のダウンロード:

インストール時に Windows 10 Arm64 版の ISO イメージを入手するのが少々手間だったので、 Windows 10 のダウンロードツールで入手できないかなと思い、試してみましたがダメでした。

Windows 10 Arm64 で実行しても、x86 版、x64 版 しかダウンロードできませんでした。このツールは Arm64 に対応していませんね。最適な OS としては x86 版を薦められたので、どうやら x86 だと誤認されているようでもありました。

既に最新版の Windows 10 がインストールされていたので、Update Assistant  の方は最新版ですといってアップデートが走りませんでしたが、こちらも Arm64  に対応していないかもしれません。途中でエラーになるか、x86 と誤認して OS 壊すかもしれないですね。

 

ARM版 Windows 10 の制限:

Raspberry Pi 版に限らず、ARM版 Windows 10 の制限(一部)です。

  • OpenGL 1.1 以降を必要とするアプリケーションは動作不可
    • GPU に対応していないため、ソフトウェア実装の OpenGL 1.1 (Genereic) しか動作しません。
  • Hyper-Vは未サポート
    • メモリも少ないのでサポートしていても事実上使えないでしょうけれども残念です。必然的に Hyper-V コンテナも使えないことになります。

 

余談:

公式ケースに入れて使用すると、温度が上がり過ぎて、画面右上に温度計(警告表示)が表示されてしまいました。

Throttling arm due to temperature (80-85'C)
Throttling arm due to temperature (80-85’C)

Windows 10 だと常に負荷がかかるのか、せめて蓋は開けて使用しないと熱がこもるようです。

 

最後に:

メモリは1GBしかなく、速度は非常に遅いので実用性はないですが、Raspberry Pi で Windows が動くのは何かちょっと楽しいですね。

 

関連記事: