「OpenVG」カテゴリーアーカイブ

Raspberry Pi でスクリーンショット


はじめに

Raspberry Pi でスクリーンショット(画面のスナップショット)を撮るツールはいろいろありますが、raspi2png は、起動画面の他、OpenGL ES, OpenVG 等の GPU 描画画面のスクリーンショットも撮ることができます。もちろん X の画面も。

snapshot
起動画面のスクリーンショット
OpenVG のスクリーンショット
OpenVG のスクリーンショット

公式サイト

raspi2png

raspi2png

raspi2png の公式サイトです。ここから raspi2png のソースを取得することができます。

インストール方法

 

  • raspi2png はソースからビルドする必要があります。
  • raspi2png は libpng12-dev に依存するため、予めインストールしておく必要があります。
  • make install には対応していないため、ビルドしてできた raspi2png は手動で /usr/local/bin にコピーします。

 

実行方法

 

実行例

スクリーンショットを snapshot.png というファイル名でカレントディレクトに保存します。

–pngname オプションで保存するファイル名を指定します。

–delay オプションでコマンド実行後、5 秒後にスクリーンショットを撮ります。

 


Raspberry Pi のサンプル


サンプル

Raspberry Pi のサンプル プログラムのソースコードは、/opt/vc/src/hello_pi/ に入っています。

これらのサンプルは、VideoCore を使ったもので、コンソールで動作します。(X11 アプリケーションではありません。)

ビルド方法


 

サンプルの中からいくつか紹介します。

 

hello_triangle

OpenGL ES 1.1 のサンプル。

実行方法

 

 

hello_triangle2

triange2

OpenGL ES 2.0 のマンデルブローのサンプル。

実行方法

hello_teapot

OpenGL ES 1.1 のサンプル。

実行方法

 

hello_videocube

OpenGL ES 1.1 のサンプル。

実行方法

 

hello_tiger

OpenVG のサンプルです。

実行方法