Raspberry Pi でスクリーンショット


はじめに

Raspberry Pi でスクリーンショット(画面のスナップショット)を撮るツールはいろいろありますが、raspi2png は、起動画面の他、OpenGL ES, OpenVG 等の GPU 描画画面のスクリーンショットも撮ることができます。もちろん X の画面も。

snapshot
起動画面のスクリーンショット
OpenVG のスクリーンショット
OpenVG のスクリーンショット

公式サイト

raspi2png

raspi2png

raspi2png の公式サイトです。ここから raspi2png のソースを取得することができます。

インストール方法

$ sudo apt-get install libpng12-dev
$ wget https://github.com/AndrewFromMelbourne/raspi2png/archive/master.zip
$ unzip master.zip
$ cd raspi2png-master
$ make
$ sudo cp raspi2png /usr/local/bin

 

  • raspi2png はソースからビルドする必要があります。
  • raspi2png は libpng12-dev に依存するため、予めインストールしておく必要があります。
  • make install には対応していないため、ビルドしてできた raspi2png は手動で /usr/local/bin にコピーします。

 

実行方法

Usage: raspi2png [--pngname name] [--width <width>] [--height <height>] [--compression <level>] [--delay <delay>] [--display <number>] [--stdout] [--help]

    --pngname,-p - name of png file to create (default is snapshot.png)
    --height,-h - image height (default is screen height)
    --width,-w - image width (default is screen width)
    --compression,-c - PNG compression level (0 - 9)
    --delay,-d - delay in seconds (default 0)
    --display,-D - Raspberry Pi display number (default 0)
    --stdout,-s - write file to stdout
    --help,-H - print this usage information

 

実行例

$ raspi2png

スクリーンショットを snapshot.png というファイル名でカレントディレクトに保存します。

$ raspi2png --pngname filename.png

–pngname オプションで保存するファイル名を指定します。

$ raspi2png --delay 5

–delay オプションでコマンド実行後、5 秒後にスクリーンショットを撮ります。