Raspberry Pi の HDMI to VGA コンバーター


Raspberry Pi には HDMI 端子が付いています(Zero は mini HDMI 端子)が、VGA 端子が付いていないため VGA ディスプレイに直接接続することはできません。

PiCase012
中央が HDMI 端子

VGA ディスプレイに接続するには HDMI to VGA コンバーターを使って VGA に変換する必要があるのですが、相性問題なのかきちんと映らないアダプターもあって困りものです。

hdmivga003

こちらの HDMI to VGA コンバーターは、Raspberry Pi での動作が確認できたものです。また、3.5mmステレオミニジャックも付いており、スピーカーまたはイヤホーンに繋ぐことで音声を楽しむことが可能です。(本体のステレオ端子の音質よりは良いかもしれないですが、過剰な期待はしないように)

はじめに:

本 HDMI to VGA コンバーターの中身です。

hdmivga001

hdmivga002
ケーブル付き

 

Raspberry Pi Zero にはステレオ端子(オーディオ端子)が付いていないため、Raspberry Pi Zero で音を出力するには、このような ステレオ端子が付いた HDMI to VGA コンバーターを使う方法もあります。(Raspberry Pi に Mini HDMI to HDMI アダプタを繋ぐことで、本 HDMI to VGA コンバーターを使うことができます。)

zero_hdmi_002

 

ディスプレイ設定:

この例では、ディスプレイの設定を DMT 1024×768 60Hz に設定します。(ディスプレイの表示能力に合わせて解像度、周波数を選んでください。)

/boot/config.txt に以下の設定を追加します。

別の解像度、周波数を使いたい場合は、config.txt のドキュメントを読んで hdmi_mode を設定してください。

 

HDMI 端子に HDMI to VGA コンバーターを接続し、VGA ケーブルを繋いでディスプレイに接続します。上記設定後、再起動するとディスプレイに表示されます。

正しく表示されない場合は設定を見直してください。

 

オーディオ設定:

HDMI モードの設定:

HDMI からオーディオ出力するためには、HDMI モードに設定するため /boot/config.txt に以下の行を追加して再起動します。(HDMI 出力には、音が出る HDMI モードと、音が出ない DVI モードの2種類があります。)

 

オーディオ出力の切り替え:

Raspberry Pi には、HDMIとヘッドフォンジャックという2つのオーディオ出力モードがあります。

オーディオ出力をHDMIに切り替えるには次のコマンドを入力します。

0 は自動選択。1 はアナログ出力(ヘッドフォンジャック)。2 は HDMI

 

ボリュームが絞られていて音が聞こえない場合があるので、音量を100%に設定します。

 

再起動しても設定が有効になるように設定を保存します。

 

音声出力テスト:

音が鳴るかスピーカーかイヤホンを繋いで、以下のコマンドでテストしてみましょう。

 

うまくいかない場合は、hello_audio でテスト。(Ctrl+C で止める)

こちらで音が鳴る場合は、オーディオ設定を見直しましょう。

 

なお、HDMI to VGA コンバーターのステレオジャックにスピーカーを繋ぐ場合には、アクティブスピーカーを繋ぐのが手軽で良いでしょう。(パッシブスピーカーだとアンプが必要になるので)

 

 

https://shop.pimoroni.com/products/raspberry-pi-hdmi-to-vga-converter

同種の HDMI to VGA コンバーター

小型のアクティブスピーカーです。Bluetooth 対応ですが、ステレオジャックが付いおり、有線での接続が可能です。単体ではモノラルになります。

本 HDMI to VGA コンバーターにはオーディオケーブルが付属しています。

関連ページ: