Raspberry Pi の Amazon スマイルボックスケース


Amazon ギフト券(ボックスタイプ)の外箱にはいろいろな種類がありますが、その中のAmazonスマイルボックスを Raspberry Pi model A+ のケースに改造された方がいらっしゃいました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0101JJR94/?_encoding=UTF8&camp=247&creative=1211&keywords=amazon%20%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88&linkCode=ur2&qid=1475962047&sr=1&tag=3dcgweb-22

面白そうだったので、真似して Amazonスマイルボックスに Raspberry Pi を入れてみました。(入れただけですが)

Amazonスマイルボックスは、アマゾンのスマイルボックスと同じデザインのミニチュアです。フタは糊やテープでとめられているのではなくマグネット方式なので、ちょっとした小物入れに使えます。

amazon_box_001
Amazon ギフト券(ボックスタイプ) スマイルボックス

 

箱を開けると、ギフト券が入っています。5,000円の Amazon ギフト券(ボックスタイプ)には、5,000円分のギフト券が入っており、箱は無料(おまけ)ということになります。(ギフト券には有効期限があるので注意しましょう。)

amazon_box_002
箱にはギフト券が入っています

 

ギフト券のサイズは、丁度 Raspberry Pi2 model B と同じクレジットカードサイズです。

amazon_box_004
Raspberry Pi2 とギフト券のサイズ比較

 

手元に Raspberry Pi model A+ がなかったので、Raspberry Pi2 model B を入れてみました。

amazon_box_003
Raspberry Pi2 を入れてみた

 

Raspberry Pi model A+ だと余裕で入るサイズなのですが、Raspberry Pi2 model B だとSDカードが邪魔をしてきちんとは収まりませんでした。ただ、SD カードがあたる部分を少し切り抜くぐらいで収まりそうです。どのみちケースとして使うには、電源部分は電源ケーブルを通すためくり抜く必要はあります。

USB ポートや LAN ポート等を使いたいなら、更にくり抜く必要があります。

 

実際に手にとって Raspberry Pi を入れてみたところ、運用時のケースとして使うには放熱がちょっと心配でした。そのため、輸送用のケース程度の使い方の方がいいかもしれません。

 

 

関連ページ: