Raspberry Pi の USB ポートに 1200mA の電力供給


PiCase018

Raspberry Pi model B+, Pi2 model B の USB ポートからの電源供給量はデフォルトでは全ポート合計で 600mA までに制限されています。しかし、/boot/config.tx の設定により、全ポート合計で 1200mA(1.2A) までに変更することができます。

 

モデル USB ポート最大合計電源供給量
Raspberry Pi Model A 500mA
Raspberry Pi Model B 500mA
Raspberry Pi Model A+ 500mA
Raspberry Pi Model B+ 600mA/1200mA(切り換え)
Raspberry Pi2 Model B 600mA/1200mA(切り換え)
Raspberry Pi3 Model B 1200mA

 

1200mA にすることで、これまで使用できなかったバスパワーの USB 機器のいくつかが使えるようになる可能性がでてきます。WiFiドングルやBluetoothドングル等の多くの電力を消費する USB ドングルを繋ぐ場合には有効でしょう。(電力が不足する場合は動作が不安定になったり、リセットがかかったりします。)

ただし、全ポート合計で 1200mA ということに注意する必要があります。バスパワーのポータブルHDDまで使えるとは限りません。

設定:

/boot/config.txt に以下の内容を追加します。

最新の kernel では max_usb_current=1 だけ追加してください。(古い kernel では

を追加する必要がありましたが、現在では追加しないこと。)

/boot/config.txt を追加したら再起動してください。

 

本体の電源:

USB ポートにより多くの電力を供給するわけですから、Raspberry Pi 本体には 2A 以上の電力を供給するようにしてください。本体に供給する電源が不安定だと、当然のことながら USB ポートから十分な電力を供給することはできませんので。

備考:

  • Raspberry Pi Zero については本設定で USB ポートの電力供給量が 1200mA になるのかどうか不明です。
  • Raspberry Pi3 model B はデフォルトで 1200mA になっています。