Raspberry Pi で x11vnc


x11vnc

x11vnc を使用することで、 Raspberry Pi 本体のデスクトップ(デフォルトの Xサーバ)を VNC クライアントでリモート表示/操作することができます。Raspberry Pi 本体のデスクトップとは別のデスクトップを VNC で使用したい場合は、TightVNC サーバを使用してください。

 

x11vnc
x11vnc

インストール方法:

x11vnc は、apt-get でインストールできます。

 

次に x11vnc に -storepasswd を指定して起動し、そのユーザのパスワードを設定して VNC サーバのパスワードを保存します。

 

自動起動の設定:

startx 実行時 (X サーバ起動時) に自動的に x11vnc を起動するには、以下の内容で ~/.config/autostart/x11vnc.desktop ファイルを作成する必要があります。(Raspbian 起動時に X サーバが自動起動するようになっている場合は、更に VNC サーバも自動起動します。)

 

注意:

VNC サーバのパスワードと x11vnc.desktop ファイルは、X サーバを起動するユーザに対して設定する必要があります。

 

使用方法:

自動起動の設定を行っている場合は、デフォルトの X サーバ(通常、ディスプレイ番号0番)が起動している状態で、ポート 5900 に VNC クライアントで接続します。

接続時のパスワードは、先で保存したパスワードになります。

クライアント側には、Raspberry Pi 本体のデスクトップが表示されます。(デスクトップのサイズはもちろん本体のデスクトップのサイズとなります。)

なお、x11vnc のデスクトップのサイズを変更するには、本体のデスクトップのサイズごと変更する必要があります。(/boot/config.txt の framebuffer_width, framebuffer_height で指定することが可能です。)

raspi_xgears

デフォルトのXサーバは GLX 対応(ただしソフトウェアレンダラ)なので、別マシンの OpenGL アプリケーションをリモート表示することも可能です。

参考:

x11vnc の X サーバ(デフォルトの X サーバ)の xdpyinfo 出力結果です。(この例では、1280×800 サイズ)