Raspberry Pi の CPU 温度


Raspberry Pi の CPU 温度は vcgencmd を使って取得できます。

または cat コマンドを使って取得することもできます。

ただし、こちらの場合は1000倍した値になっています。

bc を使えば1000分の1に変換することも可能です。

 

なお、Raspberry Pi3 では、CPUのコア温度が 80度を超えると画面右上に Yellow square という黄色四角が表示されます。85度を越えると600MHzに強制的にクロックを落とします。これを避けるにはヒートシンクを付ける等の熱対策が必要になります。